Microsoft translate APIをクラスライブラリを使って簡単に翻訳を行う

Microsoft Translator  Windows Azure Marketplace

コードを書いていて行き詰まった時の解決法やデザインのトレンドなど、Webに関する多くの情報は英語で発信されています。
そのような海外のニュース・ブログなどを定期的に読むような習慣を持てばもうちょっと賢くなれるのではないかと思い、翻訳APIの使い方を調べてみました。

翻訳APIは有料のものが多く(Googleですら有料・・・)、今のところ無料で簡単に使うとすればMicrosoft Translatorが最有力候補になるのではないかと思います。
1ヶ月あたり2,000,000文字までなら無料で使えて精度もまぁまぁ高いです。

普通に使うとちょっとややこしいのとドキュメントが読みづらいので大変なのですが、PHP Wrapper for Microsoft translateというPHPクラスライブラリを使えば簡単に実装することができます。

DEMO(キャッシュなど考慮していないので長い文章だと重い)

AD

HTML

単にGETで翻訳したいテキストを渡すだけです。

PHP

以下のコードを行頭に書きます。
翻訳結果が$resultという変数に入るので、上記のHTMLのようにechoで出力したりデータベースに保存するなどして使います。

実質5行程度で翻訳サービスができました!

機械翻訳ではどうがんばっても自然な日本語にはなりませんが、概要を把握する助けにはなると思います。
たとえば気になる海外のニュースサイトのRSSを取得して翻訳してからRSSのフォーマットで出力するようなスクリプトを書けば、英文のニュースでも概要を把握できて情報通になれる・・・かもしれません。

AD

Share

Commentsコメント

メールアドレスは公開されません。コメントは必ずご入力ください。

HTMLタグは使用できません。ソースコードを書き込みたい場合はCodetterGistCodePenなどのご利用が便利です。