VoiceText Web APIをPHPから使ってみる

VoiceText Web API  β版

HOYAサービス株式会社よりVoiceText Web API (β版)という音声合成APIが公開されました。

cURLでテキストを送るだけで音声ファイルが生成されるという分かりやすい仕様でしたので、ブラウザからテキストを入力して好きな文章を喋らせるというツールを作ってみました。VoiceText Web APIのテストツール的にも使っていただけたらと思います。

Voice Text Web APIのテスト

PHPからAPIを扱う方法について簡単ですがまとめました。
音声を扱うWebサービスなど面白いと思いますので、参考にしてみてください。

AD

APIキーの取得

API利用登録のページより必要事項を入力して送信すると、メールでAPIキーが送られてきます。

PHPからcURLでパラメータを送信する

たとえば、テキストエリアにテキストを入力し、それを喋らせるスクリプトは以下のようになります。
使うサーバの仕様やPHPのバージョンによってcurl_setoptで指定するオプションが微妙に異なるかもしれませんが、ひとまず私が使っているエックスサーバーでは動作を確認しています。

声や話す速度などのオプション値はAPIマニュアルをご覧ください。
数も多くないですし設定方法も文字や数字を渡すだけなので分かりやすいのではないかと思います。

HTML側では上記のPHPに喋らせたいテキストをPOSTで送信するだけです。
同一ファイルにしてもPHPとHTMLでファイルを分けてもどちらでもいいでしょう。

話し言葉や方言だと不自然さが目立ってしまいますが、ニュースやスピーチの原稿などはとても自然でびっくりしました。
また、女性キャラの声はなかなかかわいいのでいろいろ使いどころがありそうです(意味深)

APIも難しいものではないですので、いろいろ試してみてください。

AD

Share

Commentsコメント

メールアドレスは公開されません。コメントは必ずご入力ください。

HTMLタグは使用できません。ソースコードを書き込みたい場合はCodetterGistCodePenなどのご利用が便利です。