Firefox30での同期 XMLHttpRequestについて調べてみた

先日Firefox30がリリースされました。
インターフェイスのChrome化が注目されますが、個人的には「同期 XMLHttpRequest が廃止予定」という点が気になりましたので、どういうことが起こるのか調べてみました。

Firefox 30 サイト互換性情報
同期 XMLHttpRequest が廃止予定となりました
XMLHttpRequest コンストラクタの async 引数は初期設定で true となっており、false に設定するとリクエストを同期に変更できます。メインスレッド上での 同期リクエスト の使用、つまり ワーカー 以外での使用は、ユーザ体験に悪影響を及ぼすことから廃止予定とされ、開発者向けの Web コンソール に警告が出力されるようになりました。

AD

jQueryによる同期XMLHttpRequestの例

DEMO

jQueryを使用したAjaxの場合、以下のようにasyncオプションをfalseに指定することで同期XMLHttpRequestとなります。
通常$.ajaxは非同期の処理であるため、$.ajaxによる処理の完了を待たずに次の処理へと進んでいくのですが、このasyncオプションがfalseのときに限り、$.ajaxの完了を待って次の処理へと進みます。

Firefox30で起きること

Firefox標準の開発ツールのコンソール上で以下の様な警告メッセージが表示されます(あくまで標準の開発ツール上のコンソールのみ。Firebugでは表示されません)。

ff30

処理自体は問題なく動作しますが、近い将来同期XMLHttpRequestでは動作しなくなるおそれがありますので、今後の開発では使わないほうがいいでしょう。

同期XHRのメリット

私は同期XHRで処理を書いたことはほとんどないのですが、Ajaxでデータを受け取って、そのデータを加工して表示させるような処理の場合、関数を順番に実行すればよいだけなので組みやすい…のかもしれません。

しかしこのような目的だけでasync:falseにするのであれば、jQuery.Deferredで書くべきでしょう。

まとめ

昔のコードに潜んでいるおそれがありそうで、近い将来Firefoxで動作しないサイトが出てくるかもしれません。
これからの開発はDeferredを使うといいでしょう。

参考サイト

以下の情報が大変参考になりました。ありがとうございます。

jQuery.ajax()の非同期通信で実行順序を保証する方法
async:false とは何か。或いは、非同期処理を諦めるのはまだ早い!

AD

Share

Commentsコメント

メールアドレスは公開されません。コメントは必ずご入力ください。

HTMLタグは使用できません。ソースコードを書き込みたい場合はCodetterGistCodePenなどのご利用が便利です。

コメントはまだありません。