DreamweaverCC2017でなくなった「選択範囲を囲む」スニペットを拡張機能で再現する

Dreamweaver CC2017がリリースされました。

エディタ部分にBracketsを組み込んだりSass/Lessがコンパイルできたりと新機能に注目が集まりますが、その影でひっそりとなくなった機能もあります。

Dreamweaver CC 2017 で非推奨扱いになった機能について

個人的にはスニペットの弱体化が痛い、痛すぎる。

ショートカットを設定できなくなり、さらに選択範囲を囲むスニペットが使えなくなりました。

snipet

工エェ工エェ(゜Д゜(゜Д゜)゜Д゜)ェエ工ェエ工
使ってる人あんまりいないの???????なかったら仕事にならないんだけど???????

…なくなったものはしょうがない。
幸い同等の拡張機能を自作することでなんとかなりそうですので、作ってみました。

※Windows10を使用しています。

AD

例えば:選択範囲の前後に<p></p>を入れる拡張機能をつくる

sandwitchp

例えば、選択範囲の前後にpタグを入れる機能を作ります。
名称は「sandwichp」とするとします(ダサいかもしれませんが)。

必要なファイル

file

実際の処理の内容であるスクリプトを記述した.htmlファイルと、拡張機能としての定義を記述した.mxiファイルが必要です。

.htmlファイル

実際に行われる処理を書きます。

1.選択範囲の開始位置、終了位置を取得
2.開始位置に「<p>」、終了位置に「</p>」を入力する

という簡単な処理をJavascriptで記述します。

このファイルを「sandwichp.html」として保存します。

.mxiファイル

拡張機能の名前は何か、処理が記述されたファイルはどこにあるか、メニューのどこに挿入するか、などを記述したファイルです。
配布などを考えない場合は以下が最小限になります。

このファイルを「sandwichp.mxi」として保存します。

ZIPで圧縮し、拡張子を「.zxp」に変更する

zip

拡張機能としてインストールするには、.mxpか.zxpという形式でないといけません。
.zxpは通常のZIPファイルと同じで拡張子が違うだけですので、ZIPに圧縮してから拡張子を.zxpにすればできあがります。

DMXZone Extension Managerにドラッグ&ドロップ

exmanager

DMXZONE Extension ManagerはAdobe Extension Managerの代用どころか上回る機能を持つ拡張機能管理アプリケーションです。

使用するためにメールアドレスの登録が必要なのですが捨てアドでも問題ないです、そういう手間をかけてでも使う価値のある便利なツールです。Dreamweaverで拡張機能を使われている方にはぜひお勧めします。

DMXZone Extension ManagerについてはQOOPU.NET様の記事が詳しいです。
【Dreamweaver CC 2015】Emmetのキーボードショートカットを変更する方法

DMXZone Extension Managerに先ほど作成したsandwitchp.zxpをドラッグ&ドロップして、インストールは完了です。

shortcut
拡張機能ですのでショートカットを設定することもできます。
スニペットを追加するような手軽さはなくなりましたが、なんとか同じ機能を再現することができました!

…DreamweaverはHTMLの編集においては他の追随を許さない機能を持っているのだから、変にIDE化を目指す必要はないと思うのですよね…。

AD

Share

Commentsコメント

メールアドレスは公開されません。コメントは必ずご入力ください。

HTMLタグは使用できません。ソースコードを書き込みたい場合はCodetterGistCodePenなどのご利用が便利です。

匿名 さんより
スニペットでspan挿入を登録していましたが、改悪により絶望しておりました。
記事を参考にさせて頂き、なんとかspan挿入できるようになりました。
良記事ありがとうございました!本当に助かりました!

QOOPU.NET様のリンク先がDNSエラーになっていました。