WordPress4.4で追加された新しいクエリと拡張されたクエリ:post_name__in・title・s

WordPress4.4で新しくクエリが追加されました。
クエリ関係の機能は使いこなすことで自由な記事抽出を行うことができますので、多くの記事を扱う場合に大きな武器となります。

4.4で追加されたものはどのような機能なのか、どう使えばいいか試してみました。

AD

新しく追加されたパラメータ

post_name__in

スラッグが完全一致する記事を抽出できます。
post_name__inに渡す値は1件の場合でも配列でないといけません。

たとえば、スラッグが「hello-world」「hoge」の2記事を取得したい場合は以下のようにします。

※get_posts()を使う例ですがpre_get_posts()でも同様です。

日本語スラッグを使う場合

日本語の場合はurlencodeをしないとヒットしません。

スラッグの部分一致で検索できるのかと思ってましたが、そういう機能ではなかったです。ちょっと残念。

部分一致をやりたい場合は以下を参考にしてみてください。
スラッグの部分一致で記事を抽出する

title

タイトルの完全一致で記事を抽出します。
titleの場合urlencodeは必要なく、日本語でもそのまま渡してかまいません。

機能が拡張されたパラメータ

s

sパラメータは従来からあり、本文とタイトルを部分一致で検索することができます。
4.4では「-」のついた単語を除外する機能が追加されました。
単語間は半角スペースで区切って渡します。

以下は本文・タイトルに「あああ」を含むが「いいい」は含まない記事を取得する例です。

sの場合はurlencodeは不要です。
また、順番が入れ替わっても機能します。以下の場合でも「あああ -いいい」を指定した結果と変わりません。

まとめ

従来はフィルターフックでSQL文を置換して実装していたような処理も、デフォルトの機能で実現可能となりました。
覚えておいて損はない機能ですね。

AD

Share

Commentsコメント

メールアドレスは公開されません。コメントは必ずご入力ください。

HTMLタグは使用できません。ソースコードを書き込みたい場合はCodetterGistCodePenなどのご利用が便利です。

Stacey さんより
* Flexibility Lastly, find a financing method which provides flexibility when it comes to
paying your loans. This way, you will be aware of one's exact credit score.
Article Source: a car with adverse credit is
not always easy unless you find the right company to deal with.