page.phpとsingle.phpを共用する

WordPressのテンプレートは

固定ページのとき→page.php
記事単独のとき→single.php
カテゴリのとき→category.php
検索のとき→search.php

というファイルを読みにいきますが、単純な構成のサイトの場合は記事単独とページは同じでいいとかカテゴリ、検索、タグのときは同じでいいなどという場合があります。

そのような場合はfunctions.phpにフィルターフックを書けば読み込むテンプレートを変更することができます。

ページのときにpage.phpではなくてsingle.phpを読み込む処理

検索結果をsearch.phpではなくてcategory.phpを読み込む。

同様のフィルターフックで404_template、archive_template、attachment_template、author_template、category_template、comments_popup_template、comments_template、date_template、home_template、page_template、paged_template、search_template、single_templateがあります。

AD

Share

Commentsコメント

メールアドレスは公開されません。コメントは必ずご入力ください。

HTMLタグは使用できません。ソースコードを書き込みたい場合はCodetterGistCodePenなどのご利用が便利です。

コメントはまだありません。