心拍センサーが壊れたのでvivosmart HRJを買いました

ガーミンのプレミアムハートレートセンサー(通称乳バンド)が故障したようで、心拍数を測れなくなりました。
壊れやすいという噂は聞いていましたが、約半年の寿命でした...。

同じものを買い直そうと思ったのですが、ベルト型心拍センサーは

・耐久性に難がありそう
・ジョグ時はずり落ちやすい
・胸を締め付けるのでわずらわしい

という不満もあり、考えた結果vivosmart HRJを購入しました。

DSC01991

ミッドナイトブルーを選択。それ以外のカラーでブラック、インペリアルパープルがありますが、いずれも非常に濃い色でスポーツ用品にありがちなケバケバしい配色ではありません。日常的につけっぱなしにしても違和感なさそうです。

DSC01999
DSC02003

充電は専用のクレードルっぽい端子です。汎用のUSBでないのは残念。

DSC02010

Edgeとのペアリングも問題ありません。できなかったら買った意味がないけどw

AD

検討したもの

結果的にvivosmart HRJを選びましたが、

・Edge1000Jを使っているため、ANT+対応のもの
・まぁまぁ安い
・技適取得済み

の条件でいくつか検討しました。

Garmin プレミアムハートレートセンサー

Edge1000Jに付属しているのと同じものです。
心拍数を測るという点については問題なかったのですが、なかなかのお値段なのと耐久性が不安です。

キャットアイ HR-11

キャットアイ製のANT+対応心拍センサー。ガーミン製より安いです。

Garmin ForeAthlete 235J

光学心拍計付きのランニングウォッチです。
最近はロードバイクよりもマラソンに力を入れているので、そろそろジョグ専用の端末がほしいと思ったりもしています。
物としては文句なしですがさすがのいいお値段で...。

ちなみにジョグの時はEdge 1000Jを腕につけて走っています。ダサいし重いけど画面は大きく見やすいです。
Garmin Edge 1000Jを買ったので自転車以外でも活用したいという試み

MIO LINK

リストバンド型の光学心拍計です。
ANT+対応の光学心拍計「だけ」という製品はこのMIO LINKぐらいしか見つかりませんでした。ほとんどの製品はスマートウォッチであったりBluetoothのみの対応だったりします。

使ってみた

実際に装着して走ってみました。

connect
20160626_041047365_iOS

大阪南部・東部勢にはお馴染み十三峠。

タイムはさておきw、ベルトで測定したときも登りは160bpmぐらいで推移していましたので、きちんとした数値が取れているのではないかと思います。

当面の目標は秋冬のマラソンなのでジョグでの使用がメインとなりそうです。
vivosmart HRJを活用していい結果を目指したいと思います。

AD

Share

Commentsコメント

メールアドレスは公開されません。コメントは必ずご入力ください。

HTMLタグは使用できません。ソースコードを書き込みたい場合はCodetterGistCodePenなどのご利用が便利です。

コメントはまだありません。